【読書】1Q84前半

この記事をシェアする
Delicious にシェア
LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr

51pdnZBq-aL._SX349_BO1,204,203,200_

久しぶりに村上春樹を読んだけれど、面白いと思います。

やれやれ
あるいはそういうこともあるかもしれない

等の名調子を読めて嬉しかったです。

青豆と天吾どっちも好きですね。いつの時代の話かハッキリ分からない。1984年の話ではないような感じがするんでするんですよね。当時はペットボトルとか無かったように思えるし。これはSFなのかな。とっても不思議な感じです。

続きが楽しみだな。

Delicious にシェア
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

フォローする

この記事をシェアする