【物欲】ThinkPad X201

この記事をシェアする
Bookmark this on Delicious
LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr

最近、ノートPCを支給されて仕事をすることになった。そのPCはThinkPad X240というものでした。
自分はやっぱりThinkPadが好きなんですね。キーボードが好きなんですよね。PCの性能よりもキーボードの打鍵感を重視する自分だから必然的にそういった選択肢になるんだろうけれど。これって結構重要なのかなって。って思うんですよ。

楽しく、リズム良く入力できると、本当に気持ち良いし、捗る感が本当に素晴らしい。もうやりたくないって時でも、文字を打っていると楽しいからやるかってなる位の感覚がある。それくらい大事。

マシンのスペックも勿論大事だけど、自分にとってもそれの方がよっぽど重要。ThinkPad X240は満足かといわれるとちょっと物足りない感じだけど、昨今のものと比べると大分良い感じ。

それと引き替えX201はいかがでしょうか。これは最高ではないか。なんというキーボードだ。これぞThinkPadだと思うのだけけれど。素晴らしい。ということで買ってしまった。中古ですが。多少ヘタレはあるけれど、それと引き替えてもこのキータッチは変えがたい幸せを与えてくれる。スッペクも全く問題ない。これはこれは俺が求めていた物じゃないか。しかも2万円で買える。なんなんだこれは。薄くて軽いけれど打鍵感を犠牲するという物が世の中の求めるているものかもしれない。でも自分はそれとは逆のものを求めているので・・・。

時代遅れってことですね。世の中と求めているものと逆を行くとかっこいいだろうアピールですけれど、如何でしょうか?かっこいいでしょうか?

2打ちのロックが流行ったり、淡麗ってか水みたい日本酒が凄い価値を持ったり。その流れに対して、横目で見つつ、その良さは理解しているが、何となく、全てを受け入れることが出来ない感じ。だんだん新しいものを受け入れる事が出来なくなっていくんだろうなと。保守的な大人が出来上がって感じってこんなことなのかもね。逆をいうと、確固たる核があるのでそこは簡単に変えることができないともいえるけどね。

そんなことはどうでもよくて、X201は最高ってこと。こんなに良い物がこのお値段で。世の中捨てたもんじゃない。格好良さと実用的な作りって共存していると思う。まさにこれじゃないかな。

【Hothotレビュー】レノボ「ThinkPad X201」 ~Core i5搭載の12.1型モバイルノートPC – PC Watch

フレデリック リリリピート

獺祭

Bookmark this on Delicious
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

フォローする

この記事をシェアする