【音響】ゼンハイザー MOMENTUMを買った。

この記事をシェアする
Bookmark this on Delicious
LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr

Sennheiser-Momentum-headphones-thumb-620x415-57168

年明け早々の正月の2日にe-イヤホンに行ってきた。

これはポタアンを買うつもりでお店に言ったのですがあまりにもポタアンが安く購入出来たためにヘッドホンまで買ってしまった。

正月って怖いですね。ついつい強気になってしまいますね。

ということで今回は事前の調査なく、自分の耳のみを信じて購入することを決めました。

比較したのはSONYのMDR-1AとSENNHEISERのMOMENTUMです。ちなみに視聴したの中古のもので、エージングはある程度進んでいると思われます。

視聴する前はSE215とSONYのPHA-1の組み合わせで音楽を聞きてました。


e-イヤホンで視聴をして、吟味をする正月ですよ。中々楽しいですね。比べるために使った曲はblurのsong2です。

なんでこの曲したんですか?と聞かれても理由は好きだからと答えるしかないんですが・・・。出だしの30秒くらいを如何に楽しく聞けるかで判断しようと思いこの曲にしました。

SONY MDR-1A

おーー、これはやっぱりヘッドホンなんだよねって思わせる音ですね。

初めて音をだした時にはPHA-1との相性がいいからこんなに素晴らしいなり方をするのかなと思っておりました。

これでいいんじゃないかなって思うくらい、いい音でした。SONYの音は低音が少し足りないと自分の中のイメージはありましたが、そんなことないなこれだけ出ていれば十分楽しめるなという印象。当然のことながら中高音は綺麗になっておりました。見た目もカッコイイしこれはありだなと

SENNHEISER MOMENTUM

何だ、これはいい勝負ではないか・・・。いいやこっちの方が好きな音だな。MDR-1Aでも低音十分じゃないかと思いましたが、こちらの方が低音の量があり、そして質もよい。あと、暖かく、明るいそんな印象を持ちました。音のバランスもいいなーって思いました。これはこっちの勝ちだな。デザインも赤と黒で結構好き。見た目もよくて音もいいのです。これに決めました。

総評

結局、自分はSONY製品を買おうとすると邪魔が入ってしまうんだなと感じる結果にw

個人的にSONYに対して恨み事はないけど、SONYのヘッドホンを買おうって気にならないし、買おうと思うと何かしらの邪魔が入る。今回はそれがゼンハイザーの商品だったわけです。

一時期本当に欲しいなって思ったSONYのヘッドホンはMDR-CD900STとMDR-7506ですかね。MDR-7506の方が好きかな。欲しいですね。とっても好きな音ですので、いつの日か購入をしたいなと思っておるのですが、結局邪魔が入るのだろうなと思っております・・・www

今回はヘッドアンプを通して聞いたので、iPod等のポータブルプレーヤー直挿しとは違った印象を受けていると思います。中高音のなり方、低音の量(購入後に低音が物足りないとレビューを見た)、解像度、定位などはまったく印象がかわるでしょうし、アンプはそれなりのものを使ったほうがいいかもしれませんね。

今回比べた2つのヘッドホンは音質は申し分ないくらい良い音だと思います。価格と音質の費用対効果を考えるととてもいいですね。デザインも赤と黒のクールな色合いで格好いいですよね。

ヘッドホン購入をしようとしている人は予算3万円くらいで考えている人は候補にいれてもいいと思います。ヘッドホンオタクの私が保証します。


Bookmark this on Delicious
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

フォローする

この記事をシェアする